2015年4月22日

手足口病、九州で流行の兆し

手や足などに水疱性の発疹が現れる手足口病が、九州地方で流行の兆しを見せている。今月6日から12日までの週の患者報告数(小児科定点医療機関)は、宮崎県を除く九州の6県で前週を上回り、警報基準値を超過する地域が続出。3週連続で増えた長崎県は「年明けから報告数が増加傾向」とし、手洗いの徹底や医療機関への早期受診などを促している。【新井哉】

九州各県の今月6日から12日までの週の定点当たりの報告数は、鹿児島で前週の2倍近い0.82人となったほか、熊本で前週比64%増の2.16人、長崎で61%増の1.93人、福岡で56%増の1.23人、大分で27%増の1.86人、佐賀で1%増の2.78人となった。宮崎は前週と同じ1.47人だった。

一部の地域で感染が拡大しており、熊本県の宇城(7.0人)や長崎県の県北(6.33人)、宮崎県の小林(6.3人)、鹿児島県の川薩と大分県の中部(共に6.0人)の保健所管内で警報基準値の5.0人を上回った。

熊本県は「手足口病は夏場に流行する感染症なので、これから注意が必要」と指摘。佐賀県も「鳥栖保健福祉事務所管内(5.0人)で多い状況」とし、手洗いなど感染予防の必要性を挙げている。

手足口病は、水疱性の発疹を主な症状とした急性ウイルス性感染症で、乳幼児を中心に夏季に流行することが多い。主な病原ウイルスはコクサッキーA16、エンテロウイルス71で、感染から3—5日の潜伏期間後、口腔粘膜や手のひら、足底などの四肢の末端に2—3ミリの水疱性発疹が現れる。飛沫や接触によって感染する。

[CBニュース http://www.cabrain.net/news/article/45515.html]