2015年4月22日

ドレッシング材を知る・選ぶ・使いこなす! 「ハイドロコロイド」

解説
樋口ミキ
東京歯科大学市川総合病院 看護部
皮膚・排泄ケア認定看護師

ドレッシング材の特性、創に合わせた選び方・使い方のポイントをわかりやすく解説します。
今回は、ハイドロコロイドのドレッシング材を取り上げます。

ハイドロコロイドの特性を知る

機能・特長

ポリマーが滲出液を吸収し、適度な湿潤環境を保持する
水分や細菌、酸素を通さず、低酸素状態の閉鎖性環境を保持(肉芽組織の形成を促進)
防水性があるため、貼ったまま入浴できる
滲出液をゲル化させるため、創面の保護効果が期待できる
粘着性があるため貼付しやすい

使用に適した創

赤芽形成期以後の滲出液の少ない創
皮膚欠損が真皮~皮下組織までの創
ハイドロコロイドを使いこなす
貼付時のコツ

創より2.5 ~3cm大きいサイズを用いる
しわや隙間が生じないように貼る
ずれによる皮膚損傷が生じた場合はフィルムドレッシング材を貼る

剥離・交換時のポイント

吸収力が少ないため、ゲル漏れが起こる前に交換する
剥離時の皮膚刺激が強いため、必要時剥離剤を用いる
剥離後は創内外のゲルを洗浄する
感染徴候が現れた場合は使用を中止する

[ナースプレス http://nurse-senka.jp/contents/press/216945/]