2015年4月21日

介福士の受験手数料、約2500円値上げへ

厚生労働省は、介護福祉士国家試験の受験手数料を約2500円値上げする方針を固め、その内容についてパブリックコメントの募集を開始した。2011年度の国家試験から実施した受験手数料の値下げにより、過剰と指摘されていた社会福祉振興・試験センターの試験事業安定積立金(積立金)を完全に使い切ったことを受けての措置。値上げは今年度の介護福祉士国家試験から実施される予定だ。【ただ正芳】

社会福祉振興・試験センターの積立金は、介護福祉士の分だけでも約15億円(10年度段階)に達しており、過剰な積み立てとする指摘が上がっていた。

これを受け厚労省では、過剰な積み立てを解消するため、11年度の国家試験から1万2500円だった介護福祉士の受験手数料を1万650円まで値下げする措置を実施。積立金は、昨年度の段階で完全に使い切った。

これを受け厚労省では、今後の試験制度の安定運営を実現するためにも、介護福祉士などの受験手数料を値上げする方針を固めた。

値上げは今年度の国家試験から実施される。具体的には1万650円から1万3140円に引き上げられる。

同じ理由から、精神保健福祉士試験(一般受験)は1万3250円から1万6400円に 値上げされる。また、「社会福祉士試験を受験しようとする人が同時に精神保健福祉士試験を受けようとする場合」(同時受験)の手数料は1万680円から1万3190円に、「社会福祉士の資格を有している人が精神保健福祉士試験を受験する場合」(科目免除の場合)の手数料は1万560円から1万3120円に、それぞれ引き上げられる予定だ。

各資格の受験手数料値上げに関するパブリックコメントの受け付けは、5月16日まで。

[CBニュース http://www.cabrain.net/news/article/45508.html]

カテゴリー: 介護